トップへ » 治療について » 一般歯科

なるべく削らない治療

なるべく削らない治療

これまでの治療は、虫歯に感染した部分を削って薬を詰める処置が一般的でした。感染部を確実に取り除くので、虫歯を根治することはできます。しかし、健康な部分まで削るため、歯の寿命を縮めることにもなり兼ねません。

当院では、大切な歯を守るために、なるべく削らない治療を行っています。その一つが、3Mix-MP法とドックベストセメントを使った治療です。薬の力で細菌を死滅させますので、削る量を抑えることができ、歯の寿命も引き延ばすことができます。再発を防止するために、一つひとつの処置を確実に行っていますので、安心してお任せください。

歯や体にやさしい【3DS除菌治療】3DS
3DS(Dental Drug Delivery System)は虫歯や歯周病の予防効果を高めるためにおこなう予防歯科治療です。専用のマウスピースに薬剤を注入して装着することで、虫歯菌や歯周病菌に直接作用させて除菌し、悪化させる要因である歯垢の定着を集中的に抑える治療です。

当院では虫歯も歯周病もまずリスク検査からおこない、それぞれの病気の"なりやすさ"を判断します。その結果より、3DSが必要な患者さんにのみお勧めしています。

ミネラル成分が歯の再活性化を促す【ドックベストセメント】ドックベストセメント
ドックベストセメント(Doc's Best Cement)とは、天然ミネラルを配合した薬を使い、ほとんど削らずに治す治療法です。

虫歯に感染した部分をごく少量削り、その上からドックスベストセメントを詰めます。天然ミネラル成分が象牙質に浸透すると歯の再石灰化が始まり、1年後には虫歯がなくなります。ドックベストセメントの開発により、できるだけ歯を削らず、痛みがなく、しかも長持ちする治療が可能となりました。

<ドックベストセメントはこんな方におすすめ>
・小さなお子さんやご高齢の方
・歯を削られるのが苦手な方や痛みに弱い方
・全身の病気、アレルギーなどで麻酔の使用ができない方

<ドックベストセメントのメリット>
・治療に伴う痛みが軽減される
・歯を削る量を最小限に抑えることができるので、神経を残せる可能性が高まる
・抗生剤などが含まれていないので、薬によるアレルギーの心配がない

なるべく痛みのない治療

痛みのない治療治療中の痛みをストレスに感じる方が意外と多いようです。当院では、治療中の痛みをできるだけ軽減するために、表面麻酔や麻酔注射を使っています。

電動麻酔器でゆっくり薬を注入
麻酔注射は電動麻酔器を使用しています。麻酔液を入れるときに圧力が一定するため、薬が注入するときの痛みや違和感がほとんどありません。また、一気に薬を注入すると痛みが強くなりますので、少量の麻酔液をできるだけゆっくりと注入しています。

痛みがないときには麻酔注射は使いません
当院では万全な衛生管理のもと麻酔注射を打ちますが、まれに針を刺した箇所から細菌に感染し、痛みや腫れを伴うことがあります。こうしたことを避けるために、小さな虫歯は麻酔注射を使わずに治療します。神経に達しない治療ですので、削っても痛くありません。ご安心ください。

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

Co(シーオー:初期う触)CO
歯が溶け始めて虫歯が始まっていますが、まだ穴があいていたり、黒くなっていたりしません。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き剤で歯みがきをすれば、再石灰化を促すことが可能です。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができています。この段階では象牙質まで達していませんので、痛みがありません。治療では、虫歯の部分を最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすれば完了します。

C2(象牙質う触)C2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで達しています。冷たい物や甘い物がしみたり、触ると痛みを感じたりします。治療は、虫歯が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりです。虫歯が深部まで広がっている時は、麻酔をして大きく削り、詰め物を装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで到達しています。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死すると根の外で炎症を起こしたり、膿が溜まったり、歯茎が大きく腫れたりします。
治療では、根管治療を行います。麻酔をして神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4(残根状態)C4
歯のほとんどがなくなり根だけが残っていますが、ほとんどの場合、抜歯となります。治療ができる歯質が残っていれば、根管治療をしてから被せ物を装着します。


トップへ » 治療について » 一般歯科


コールバック予約

PAGE TOP