トップへ » 治療について » 小児歯科

お子さんが怖がらない診療を心がけております

小児歯科

子供の頃に歯医者さんで嫌な経験をすると、それがトラウマとなり、歯医者嫌いになってしまいます。特に恐怖心が強いお子さんは、ぎゅっと口を閉じてしまい治療さえさせてくれません。当院では、お子さんの心のケアを意識した、怖くない診療を心がけています。

お子さんの自主性を重視し、予防を中心とした診療や痛くない治療への取り組み、頑張ったお子さんへのご褒美など、お子さんが笑って帰っていただける医院を目指しています。

お子さんの自主性を大切にします

小児歯科歯医者さんに慣れないお子さんは、治療が怖くて泣き出したり嫌がったりすることがあります。その状態で治療をすると、お口の中を傷つける恐れがあり危険です。当院ではお子さんの自主性を大切にしていますので、嫌がるお子さんを押さえつけて治療をすることはありません。

まずは、歯みがきの練習やフッ素塗布から始め、お口を大きく開けられるようになってから治療をします。通院回数が多くなりご家族の負担も増しますが、お子さんの恐怖心を取り除くためにはやむを得ぬこと。お子さんの歯医者嫌いを克服するためにも、ぜひご理解ください。

それでも泣き出してしまうお子さんには
それでも泣き止まないときは、治療をせずにお帰りいただき、別の日に通院していただくことがあります。これは、ほかのお子さんに動揺を与えないための配慮からですので、ご理解ください。なお、強い恐怖心があり、当院での治療が難しいと判断した場合は、信頼のおける小児歯科専門医をご紹介しますので、ご安心ください。

頑張った子には、お楽しみが待っています
頑張ったお子さんには、ご褒美のおもちゃを用意しています。受付におもちゃが入った機械を用意していますので、治療を終えたあとにがちゃがちゃと回してください。どんなおもちゃが出てくるのかはお楽しみ。おもちゃを集めるのが楽しくて通院するお子さんも少なくありません。歯医者嫌いを克服しましょう。

麻酔注射が見えないから怖くない

小児歯科お子さんは「麻酔注射をするよ」と聞いただけで怯えてしまいます。できるだけ恐怖心を与えないために、お子さんの目に注射器が見えないよう配慮しています。また、麻酔注射の前に表面麻酔を塗り、電動注射器で圧力をかけないようにゆっくりと薬を注入しますので、麻酔時の痛みや苦痛がほとんどありません。

ツボを押して痛みを緩和する
お子さんの抜歯は、手の甲にある「合谷(ごうこく)」というツボを刺激してから行います。合谷とは痛みを和らげるツボで、手の甲の親指と人差し指の骨が合流した少しくぼみのある部分。ここを親指で数分間刺激するだけで、表面麻酔を使わなくても針を刺したときのチクッとした痛みが和ぎます。

当院の小児歯科メニュー

正しい歯みがきを身につける【ブラッシング指導】小児歯科メニュー
歯みがきは、お子さんの歯を虫歯から守る最も有効的な方法です。歯みがきの練習は歯が生え始めた頃からはじまりますが、コツがうまくつかめずに汚れが残ってしまうことが多いようです。

当院では、正しい歯みがき方法が身につくブラッシング指導を行っています。歯ブラシの正しい握り方や動かし方、磨き残しをチェックしながら、正しい磨き方のコツを指導します。

歯質を強化する【フッ素塗布】小児歯科メニュー
フッ素には、歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれる効果があります。市販のフッ素ジェルやフッ素洗口剤、あるいはフッ素入り歯磨き剤などがありますが、中でも最も効果的と言われるのが、歯科医院で行うフッ素塗布です。

高濃度のフッ素を使用しているので、高い予防効果と3~4か月程の持続力があります。なお、虫歯を防ぐためにも、3~4か月に一度の定期的なフッ素塗布をおすすめしています。


トップへ » 治療について » 小児歯科


コールバック予約

PAGE TOP