トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群治療

眠っているときの呼吸を楽にする

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、眠っているときに空気の通り道(気道)が塞がれて一時的に呼吸が止まる症状です。無呼吸の原因には、太っているため気道が圧迫されている、もともと気道が細いなど、いくつかの要因がありますが、眠っている間に起きるため、自分ではコントロールできません。

睡眠時無呼吸症候群治療の一つとして、マウスピースを装着して睡眠中の気道を確保する方法があります。気道が広がることで呼吸が自然になり、睡眠中の無呼吸やいびきを抑えてくれます。

「ソムノデント」WEBサイトへ

ただし、あごのラインが細くて気道が狭い方など、マウスピースでは改善できない場合もありますので、一度ご相談ください。当院で検査もおこないます。


トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群治療


コールバック予約

PAGE TOP