トップへ » 治療について » 一般歯科 » なるべく痛みのない治療

なるべく痛みのない治療

痛みのない治療治療中の痛みをストレスに感じる方が意外と多いようです。当院では、治療中の痛みをできるだけ軽減するために、表面麻酔や麻酔注射を使っています。

電動麻酔器でゆっくり薬を注入
麻酔注射は電動麻酔器を使用しています。麻酔液を入れるときに圧力が一定するため、薬が注入するときの痛みや違和感がほとんどありません。また、一気に薬を注入すると痛みが強くなりますので、少量の麻酔液をできるだけゆっくりと注入しています。

痛みがないときには麻酔注射は使いません
当院では万全な衛生管理のもと麻酔注射を打ちますが、まれに針を刺した箇所から細菌に感染し、痛みや腫れを伴うことがあります。こうしたことを避けるために、小さな虫歯は麻酔注射を使わずに治療します。神経に達しない治療ですので、削っても痛くありません。ご安心ください。


トップへ » 治療について » 一般歯科 » なるべく痛みのない治療


コールバック予約

PAGE TOP