トップへ » 治療について » 一般歯科 » なるべく削らない治療

なるべく削らない治療

なるべく削らない治療

これまでの治療は、虫歯に感染した部分を削って薬を詰める処置が一般的でした。感染部を確実に取り除くので、虫歯を根治することはできます。しかし、健康な部分まで削るため、歯の寿命を縮めることにもなり兼ねません。

当院では、大切な歯を守るために、なるべく削らない治療を行っています。その一つが、3Mix-MP法とドックベストセメントを使った治療です。薬の力で細菌を死滅させますので、削る量を抑えることができ、歯の寿命も引き延ばすことができます。再発を防止するために、一つひとつの処置を確実に行っていますので、安心してお任せください。

ミネラル成分が歯の再活性化を促す【ドックベストセメント】ドックベストセメント
ドックベストセメント(Doc's Best Cement)とは、天然ミネラルを配合した薬を使い、ほとんど削らずに治す治療法です。

虫歯に感染した部分をごく少量削り、その上からドックスベストセメントを詰めます。天然ミネラル成分が象牙質に浸透すると歯の再石灰化が始まり、1年後には虫歯がなくなります。ドックベストセメントの開発により、できるだけ歯を削らず、痛みがなく、しかも長持ちする治療が可能となりました。

<ドックベストセメントはこんな方におすすめ>
・小さなお子さんやご高齢の方
・歯を削られるのが苦手な方や痛みに弱い方
・全身の病気、アレルギーなどで麻酔の使用ができない方

<ドックベストセメントのメリット>
・治療に伴う痛みが軽減される
・歯を削る量を最小限に抑えることができるので、神経を残せる可能性が高まる
・抗生剤などが含まれていないので、薬によるアレルギーの心配がない


トップへ » 治療について » 一般歯科 » なるべく削らない治療


コールバック予約

PAGE TOP