トップへ » 治療について » 矯正歯科 » お子さんの矯正治療

お子さんの矯正治療

お子さんの矯正治療歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯になりやすく、永久歯にも悪い影響を与えます。すきっ歯のように成長とともに整う場合もありますが、多くの場合は矯正治療が必要ですので、できるだけ早い時期に専門家へご相談ください。

お子さんの矯正では、永久歯への抜け変わりやあごの成長・発育を見ながら矯正治療の必要性を判断します。その上で矯正が必要であれば、最適な時期に適切な矯正治療を始めます。成長に合わせた長期の治療計画を考えていきますので、お子さんの歯並びが少しでも気になる方は、ご相談ください。

矯正治療を始める時期は?
3歳頃になると乳歯が生え揃いますので、この時期に始めると良いでしょう。一般的には6~7歳頃と言われていますが、この時期になると上あごの縫合部(盛り上がっている部分)が硬くなり始めるため、症状によっては抜歯をしなければなりません。

また、見た目はきれいに並んでいても、一番奥の歯がまっすぐに生えていなければ、必ずと言っていいほど大人になってからの歯並びが悪くなります。できるだけ歯を抜かない矯正をするためにも、早い時期に治療を始めましょう。

「歯列育形成」WEBサイトへ

<小児矯正のメリット>
・あごの骨がやわらかいので歯が動きやすい
・大人になってから非抜歯矯正の可能性が高まる
・上下のあごのバランスが良くなり、顔立ちが整う


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » お子さんの矯正治療


コールバック予約

PAGE TOP