レーザー治療-学園都市の痛みの出にくい歯科・歯医者|幸田歯科医院

お電話でのお問い合わせ

【月・火・水・金・土】9:00-12:00
【月・火・水・金】16:00-19:00
【休診日】木曜・日曜・祝日・第2、4土曜日

インターネット予約
お電話でのお問い合わせ

【月・火・水・金・土】9:00-12:00
【月・火・水・金】16:00-19:00
【休診日】木曜・日曜・祝日・第2、4土曜日

インターネット予約

レーザー治療

「痛みを軽減する」など、痛みが気になる方へおすすめします

レーザーを用いた歯科治療の研究は進められてきましたが、「痛みを軽減する」優れたメリットがあります。当院ではYAGレーザー装置を導入し治療を行っております。

レーザー治療とは

そもそもレーザー治療とは「光の束を集めたもの」を治療として用いたものになります。レーザー光が性質として持つ「まっすぐ進む力」を集め、強い熱を生み出し、特定の箇所にあてることで治療を行います。治療で使用するレーザーは特定の物質のみに反応します(一例として、健康な歯には影響しませんが、虫歯になった箇所のみに反応する、など)。

通常の治療と比較すると、レーザー光を用いた治療はあまり痛みを感じる事もありません。酸化チタン溶液という体に優しい液体とPOICウォーターの冷却効果で痛みを軽減し、麻酔をせずとも治療が可能となります。

レーザー治療のメリット

熱エネルギーとなるレーザーの光は、短時間照射で歯の組織(歯の表面にあるエナメル質や象牙質の酸性に対する強さ)を活性化させます(歯質強化)。 レーザー照射時は痛みがなく、治療効果にも影響するので、口内治療の作業速度を速めることも可能になります。

レーザー治療は、その出力密度と波長を変えるだけで、以下のような多くの歯科的処置に応用されます。

治療後の不快症状を軽減

虫歯治療後の「歯がしみる、噛むと痛い」といった不快症状を出にくくすることができます。神経を残すことができる可能性も高くなります。

歯質強化

初期の虫歯の進行を抑えるなど、酸に対する抵抗力を上げ再発を防ぎます。虫歯治療ができない矯正の前に、予防として歯質強化で使用することもあります。また、歯周病予防にも使えます。歯を削るのも必要なところだけに抑えられるなどのメリットがあります。

歯肉の処置

歯肉炎や歯周炎、親知らずなどで腫れた歯肉の炎症を抑えます。歯肉の黒ずみ除去など、審美治療に応用することも可能です。口内炎治療にも痛みを伴わずに処置することができます。

止血効果

抜歯後に使用することで痛みを緩和させ、止血をする際に用います。

麻酔効果

レーザーを当てることで痛みを感じにくくなるため、麻酔をする必要がなくなります。体質的に麻酔ができない方などにも処置をすることが可能になります。